『Trilium Notes』
github.com/zadam/trilium

古き良き階層型の情報整理スタイルには興味があるんだけれど、まだアルファ版って感じだ。

「同期するようにして下さい」って言われると「嫌だな……」って思う。

上書きで何かを無くすことって多い。削除操作より危いんじゃないかな。あと同期。

僕は usermod コマンドで所属グループを上書きしてしまって、使用中の管理者ユーザーから管理者権限が無くなってしまった事がある。
それも複数回あったと思う。

今では予備の管理者ユーザーを作るのが習慣になった。

しかし、天文ショーのライブは毎回、「静止画か?」って思うね。非常に「ギガ」に優しいYoutubeだ。

『しぶんぎ座流星群2019年1月3日ライブ』
youtube.com/watch?v=qt_BJZcIw7

真面目に考えると、損切り出来ない性格というか、メンタルのバグを直したいかな。

今年の抱負:「2018」と打つ手癖を早めに直す。

「多様性」、「クリエイティビティ」といった語で糊塗されているが、「雇用を維持するために社会を非効率にしておこう」という主張と紙一重と感じた。

結局の所、雇用を経ないと富を分配出来ないなら、そういう話になるんじゃないかな。

新井紀子氏により「正論」には校閲が無いらしい事が暴露され、一部で話題になっている模様。

それはそれとして、論考はPDFで公開されていたので、読ませてもらった。

『雇用大崩壊を回避するには』
twitter.com/noricoco/status/10

なるほど。「最も○○な物の内の一つ」みたいな言い回しは翻訳用に生れたのかな。

8x9 boosted

たまたま今日ついったでネタにしてた。
高校の国語の先生が定期テストの試験で「適切なものを選べ」で解答欄は小さめ、答えは2つ選択が正解というのがあって、一度ひっかかった僕らに別のテストで「最も適切なものを選べ」で解答欄が大きめ、答えはひとつというのをやった。テスト返却時すごく嬉しそうだった。

英語のmost は、「one of the most~」とか言えて、ひとつじゃないけど、日本語の「最も」は一番の意味で、英語的な使い方しなければひとつだけ。

この感覚は僕は高校時代一度ひっかかって意識したからあるのかもしれない。

まあ、AIでも出来る仕事をAIより安くやりだす勤勉な民がいると、どうにもならないけれど。

だいたい、「AIに仕事を奪われる」とかいって恐怖しているのがおかしい。
機械が仕事してくれるって、理想の未来だったはずでしょ。
「AIに仕事を奪われたい」でなきゃおかしい。
全ての労働をAIでも出来る仕事にしよう。

実際の所こういう問題が解けないとされている人は、問題文をぱっと見て、「何か自分が興味無いし知らない事が書いてあるな」と思って、読むのを止めているだけだと思う。
正解したら10万円、ってことでやらないとね。

『衝撃!「日本語が読めない日本人」は案外いる』
toyokeizai.net/articles/-/2563

エベレストの問題がよく解らず。
「AIに仕事を奪われる、中学生以下の大人」である事が判明してしまった……

『sh -cで呼び出したコマンドがbashだと孫プロセスにならないことがある』
songmu.jp/riji/entry/2018-12-1

ksh では sleep が内部コマンドだから、そもそも sleep のプロセスが生えないね。

どのようなコマンドでも内部コマンドで実装されている可能性がある、と考えると単純なコマンド実行で特定のプロセスツリーが形成される事を想定してはいけないんだろうね。

PayPay、百億円配り切ったのか。
年寄が「ペイペイで買う」とか言っていて仰天したし、宣伝効果はあったんだろうね。

8x9 boosted

昔の BBS とかで `#` をコメント文字に見立てて独り言を書いてる人とかいた(いる)じゃないですか、たとえば

# ほげ

みたいな感じで。あれを GitHub の issue でやってる人がいて、コメント最後の独り言が h1 になってめっちゃ強調されてて笑ってしまった

8x9 boosted

広告ブロッカーに対抗しようとするとこういうマークアップになるのかw

twitter.com/aaronkbr/status/10

箱に書いてあったし……
もはや完全に情弱オジサンである。

Show more
マストドン丼部

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!