Show more

残業がインセンティブになっちゃう環境だとダラダラ残業するやつが出てきて全体的に残業が多くなるんだよね

みなし残業はインセンティブ感を断つという意味では一定の成果はあるんだろうが

残業代が企業のペナルティという意味がなくなるんだよね

お台場の未来科学館

シリアル通信でのビットの再現をボールでやってる

国立科学博物館
昔のコンピュータがある

大宮の鉄道博物館
昔の国鉄が使ってたコンピュータがある

川崎の東芝博物館
昔のコンピュータがある

横浜の三菱博物館
昔のコンピュータがある

JavaScriptは演算子やオペランドが途中で切れること以外は
改行やスペースが自由に入れられる

区切っていい部分でスペースや改行を入れて
アスキーアートを生成するプログラムとか面白いかもしれない

長い変数があるとうまく絵におさまらないので

先読みしてどこで区切るかが鍵なのだ

難しそう

Javaでコンパイルエラーにならない顔文字
とかやって
職場みんなでプログラミングでふざけてほしい

オタクですから
魅力は伝えたいだけ伝えちゃうんですけどね

総合職感覚で会社のために働くマインドとプログラマは合わないとも言える

映画雑誌に寄稿するライターが
余暇では全く映画を見ないってことはありえず

じゃあ、編プロの上司が映画見るように促したり、魅力を伝えたりする違和感を
プログラマにも感じるわけだ

作家なのか
会社員なのか

その認識の差みたいなのがある

仕事だから真面目に
真面目と言うのは楽しまず、ふざけず、個を殺すこと
与えられたことを粛々とこなすこと

みたいな人だと魅力を伝えられない

完全同仕事のためにやったら苦行でしかない

業務時間の2割を自由に使えるように出来ればいいんだけど

プログラマとしてやっていくとそこが基準になってしまって
チームでやるとき仕事以外でやらない人がボトルネックになってしまったりもする

ジレンマよ

言いたいことジレンマ

業務外で会社のために勉強をしろとは言えないけれど
でも会社は君の成長を待てる仕事は用意してくれない

特にプログラマは好きでやってるやつが多く余暇で自動的にスキルがアップデートされるが、そういう連中のスキルが標準になっていることもある。

本当は仕事を早く終わらせて、業務時間に自由にコード書くことが望ましいが
その時間を作り出すにはある程度効率的に仕事できるスキルが必要

プログラマはマニュアル仕事じゃない
誰でもできるわけじゃない

とにかく書いてほしい
けど強制はできない

きっとクッキーの喩えは理解してくれそう

でも言語仕様と結びつくまでの隔たりが結構あるんだよなあ

実際に書いてバグを産めそして探せっていうのをさせたいがいかんせん時間が無い

複数の言語を使い分けていると、たまにごっちゃになるので

「えーと、JavaScriptのfilterってどうやるっけ」
ググる
『filterのやり方、そもそも配列とは?』

っていうソモソモで必要な情報まで遠いのちょっと…

list == null と list.size() == 0の違いを理解してもらえないかなしみ

カルナック城が苦手シンドロームで
昨日のウェブでやる適正テストちゃんとできなかった

Show more
マストドン丼部

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!