オブジェクト指向😀
ここでも、少し話したこともあるけど、僕の大学時代の研究室はコンパイラの研究室なんだ。
なんか去年、C言語にオブジェクト指向を追加してC++を開発したBjarne Stroustrupさんが、その研究室に来たみたい。

研究室にC++を一番最初に導入しようとしたのは、僕だった。そして大学の計算機センターにC++の導入促進をしたのも僕。センターのgccのバージョンをVer1からVer2に上げた。互換性の問題があって「いろいろな研究室にある過去のプログラムが動かなくなったらどうするんだ?何か、メリットはあるのか?」とセンターの中間管理職の人に言われたのだけど。

template

と答えた。僕の卒論はC++のコードがついていると思う。研究室で1番最初!まだ使いこなせてなくて酷いコードだけど。😜

1992年か1993年ごろの話

それ以外ではセンターで、あんまり役に立ってないけど。😅

シリアル通信の開発環境の構築。ラズパイZEROに安価な5ピンヘッダをはんだ付けして繋ぐ。低消費電力で激安かも。

ネットワークでパケットがロストしまくるので調べると激安中華製のUSB LANアダプタのMACアドレスが重複しているものが3個もあった。そういうものなのか、うーん。OS起動時に毎回、MACを書き換えてリブートする処理を追加。

はんだ付けをしてラズパイ同士でシリアル通信をするところ。中古パソコンでシリアル通信しても良かったのだが電気代が全然違う。😀
ラズパイのケースは廃物利用品で今つくったもの。

ブラウザOperaのアドオン JavaScriptのffmpeg を終了しました

ほぼサイトにリンクするだけのアドオンでしたがスピード・ダイアルとして登録していました。

動画変換なのでJavaScriptにしても数十MBあり、サーバーのネットワーク負荷軽減するためです。

ここ1年のアクセス統計です。
僕がやっているサイトですがOperaのアドオンの数が少ないので、相対的に目立っていたことから、多少、サイトへ引っ張ることができていたのかと。

数日前まで動作していたパソコンが突然、起動しなくなった。グラボ、HDDを順に外していったが現象は変わらない。電源を新品と交換すると元通り動くようになった。今回、故障したATX電源。比較的、一番安いもので2年くらい経過しているけど、うーん。

Xilinxのサイトにあったデモ。パソコンの画面にバーチャルな7セグメントLEDとかスイッチとか表示するやつが上手く動いた。パソコンとFPGA間で通信できるようになった。7セグには現在の時刻が表示されるみたい。

ICF3-Fの暗号プロセッサがXilinxの評価ボードArtyで動いた。まだ1032bitの四則演算しかできなくてLEDで4bitの結果しか表示できないが、ちょっとうれしい。性能に影響するモンゴメリ演算器は、まだ取り付けていない。

画像はこの暗号プロセッサのインプリメントの結果

不良品だった。64GBのmicroSDが妙に安かったので買ったら、、、CheckFlashで20GB以上のところで不良が連続していることを確認、返品手続き中。ちなみに256GBのmicroSDだと1日近くCheckFlashに時間がかかりますが長時間チェック可能なパソコンがあるので大丈夫。

先日公開の演算器設計図(商用)をVivadoで実装してみた。はじめてなので全く保証できないが演算器の最大周波数からRSA 2048の性能を算出した。2011年のIEEE(広島大)論文ではDSP1個で277ms(447MHz)。僕はDSP90個で3.2ms(125MHz)。90個で約86倍。かなり高効率に並列化された感じ。実際に製品化できることを期待!
図はXilinxのFPGA、DSP48E1が90個並んでいる

一度、きちんと言ったほうがいいかと思ったので報告します

両親は埼玉県の学区で1番の高校を卒業したが、その後、成績が伸びず暗記力が脆弱であることを実感していると言ったが、多分、頭悪くなる毒を盛られている。僕もキツイ状況。本当にひどい某会社。僕は世界の銀行に収める暗号装置を開発して、その秘密鍵の生成まで担当した。おかげで国内、最先端の装備で監視されていたと思うし、ハイテク暗器の被験者にも、なっているかもしれない。

最近、家族と自分が似ていないことに気づいたのです。遺伝子が違うのかも。まぁ、普通、ちょっと似てなくても、気にならないですから。

写真は赤ちゃんのころからある切り傷の跡。最近、思ったのは、このレベルの傷だと、一度、死んでるじゃないかってこと。

いろいろある可能性のひとつに、財産相続がらみで、死んでもらったとか。そして東大卒配下の日大卒の家庭に潜ませた。

父は道路公団に就職し、北陸自動車道で成果をあげ、偉くなったらしい。

暇になったら、自叙伝でも作ろうかと、思ってます。事実を、そのまま書いても、小説になりそうな人生を送っているので。

LatticeのFPGAの無料のオープンセミナに行ってきました。FPGAも無償でもらえました。約4時間の講義でLチカから効率的なデバッグ法までパソコンを使って実習します。できなければ講師の方が教えてくれるので必ずできるようになります。

tecstar.macnica.co.jp/…/Latt…/

Latticeのオープンセミナで貰ったFPGA、MachXO3LF Starter KitでLチカの動画とセミナーの様子

GPUProfilerでベンチマーク sha1benchの実行状況をモニターしてみました。
forest.watch.impress.co.jp/doc

GPU :nVIDIA GeForce GTX 1060 3G
CPU : Core i3
GPUは、ほぼ100%、CPUは約30%の使用率のようです。

FPGAの開発環境をインストールして使おうとした瞬間、OSが入ったHDDが壊れた。
ついでにパソコンのシステムを強化することになったのだが、時間が、経過していく、、、

今回、壊れたHDDの写真
12年前のHDDだった。

Amazonで買って、本日到着したSSD(KingSton 120GB)の性能を測ってみた。
10年前に買ったA-DATA 32GBの性能と比較すると、ずいぶんと性能は上がったなと。

FPGAマガジンのRISC-V(CPU)を動かしてみた

CQ出版 Interface増刊のFPGAマガジン No.18(2,200円)にあったRISC-Vの実装でLチカを動かしてみた。
パイプラインのない簡単な実装ですがMITライセンスなので、いろいろ触ってみるのに、いいかもしれません。

ICF3日立特許問題 「ICF3の権利と証拠と、まとめ」 

興味のある人だけ。日立退職時のメモの解説 

HDD Regeneratorで故障したHDDを修復した。
WDの2010年製 1TBのHDD
不良セクタが、正常なセクタに戻ったみたい。
HDD Regeneratorって1万円くらいしたのだけど、このHDDの回復で、少し元が取れたかな。 mstdn.glorificatio.org/media/Z

1TBのHDDの新品を2個、買った。
5インチのドライブベイに3.5インチのHDDと2.5インチのドライブを2個を取り付けることができるマウンタも買った。1,058円、金属製だから丈夫そう。

(中古を流行させると営業やっている大学の後輩のことを思わないのか!とか、うるさいのが多い。その前に、僕のことも考えてほしいのだが)

mstdn.glorificatio.org/media/E mstdn.glorificatio.org/media/4

Show more
マストドン丼部

ヌルいけど パソコン大好き、テック系インスタンス。Hello Worldからどこまでも。 プログラマも、プログラマになりたい人も、ハッカーも、ハッカーになりたい人も、そんなあなたのインスタンス。 話題はなんでもOK。